「知ってる→使える」への知識の変換が一番大変。僕はここでつまづいています。

自分が本当にやりたいことは?

自分の思い描く理想に中々届かない。毎日楽しく仕事はできているけど、もっと高いレベルで仕事をしたい。でも、その高いレベルに達するには何が必要か。時々あやふやになる。不安になる。

小・中・高・大学・大学院と今まで全ての課程では誰かが決めたレールを全力で走ることを求められてきた。しかし、一旦大人になると誰もレールを引いてくれないし、自分でレールを引くしかない。

そのレールは本当に自分の行きたい場所へ導いてくれるのか?という不安と常に一緒に走らなければいけないなと思う。

自分の実力・能力を適切に見極めて、本当に何がやりたいのか。何を幸せに感じて生きているのか。適当に生きていくこともできるだろうけど、それでは人生もったいない気がする。

自分にしかできないこと&自分が本当にやりたいことを通して多くの人の役に立ちたい。その取り組みを通して家族を養える報酬をいただくことができれば手段はなんでも良いと思えるようになってきました。

今でもすごくモータースポーツは好きだけど、そこにこだわりすぎなくても良いのかな?と思えるようになってきました。

世の中にはいろんな仕事があるし、自分が知らないこともたくさんある。

もちろん今の仕事に活きることは全力で学ぶけど、一生今の仕事だけをやっていくには人生味気ないなと思うようにもなってきました。

「知ってる→使える」への知識変換が一番大変。

最近、いろんな場面で色んな内容を学ぶため、知識が頭の中で混ざり合ってどうもスッキリしない。

何も知らない状態からまずは知ることで一歩を踏み出せる。それは間違いないのだが、知っていることから使える状態へと変換する作業も非常に大変。今年の初めにAZcare academyへ入学し、なけなしのお金を払って自己投資へ踏み出したわけですが、内容が超豊富。非常にありがたいのですが、内容が豊富すぎるが故に、自分の中で消化し切れない部分があって、現場での対応レベルが全く上がっていないと感じることがよくあるのです。

講師それぞれのレベルはかなり高いので、自分の人たちと肩を並べるくらいに能力を高めて世の中に貢献したいという良いモチベーション起爆剤にはなるのですが、超専門的な内容をあれだけまとめるためには膨大な時間・お金・労力を費やしたのだろうなと思うと気の遠くなるような積み重ねが必要だなと感じています。

本をパラパラめくったり、動画を流しっぱにすればとりあえず読む量と見る量は確保できる。でも、それだけでは何も変わらない。しんどいけど、1つ1つ考える作業が必要。

この知識は今の自分の仕事にどのように活きてくるだろうか? 実際に今の職場で応用するなら、どの程度で理解するべきか? 他に補うべき知識はないか? など、自分にどうやって活かすかを考えようとすると1つのスライドで何分も使うことになる。そんなことを永遠にやっていると本当に自分は前へ進むことができているのか?とそれはそれで不安に駆られる。

どうやって学ぶ内容をまとめれば良いのか?

本、オンラインセミナー、文献など様々な媒体を利用して学んでいます。それらで得た情報は重複するところもあり、今の自分には必要のない情報もあります。

必要な情報はいつでも見返せるようにしっかりとまとめたいのですが、それがやっぱり大変。

トレーニングのアイデアに関しては目的・使用器具・ボディポジション毎に検索をかけられるようにしたいし、写真付きでまとめると忘れることもない。でも、どのツールを使ってまとめればよいのかわからず、二の足を踏んでいます。 エクセルで500個ほどのエクササイズをまとめたことがありますが、順番の入れ替えが面倒でどうしても全体像がつかみづらく使いにくいし、写真を何百枚も入れるとどうしても重たくなる。

オンラインセミナー、本、文献などもAT系、SC系、ビジネス系などとある1つのトピックに対して色々な情報媒体から抜粋してきてまとめるということをしたいです。ワードだと長くなりすぎて全体像がつかみにくいし、かといっていちいち目次をつけるのは面倒だし。いつかはまとめた内容を印刷してバイブル的な存在を作りたい。でも、作業時間が膨大になるのは目に見えてるし、そこに決心して取り組むためには思わずまとめたくなる方法を確立させないとなかなか前へ進めないと思う。

 

 

 

 

 

 


日記
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント