大腿筋膜張筋 tensor fasciae latae の復習

特徴

ASISを中心にして後下方へTFL、前下方へ縫工筋が走行する

膝関節屈曲90°未満: 膝関節伸展

膝関節屈曲90°以上:膝関節屈曲

股関節では屈曲、外転、内旋に作用する

TFLタイトネスと関連する疾患

オスグッドシュッラター病: 膝伸展筋群のタイトネスに加えてTFLのタイトネスもある場合が多い

思春期分離症:股関節屈曲筋であるTFLだけでなく腸腰筋の短縮が見られる場合が多い。これらの筋が短縮すると腰椎が伸展方向へ動きやすくなるため、腰椎に対して分離ストレスが増大する

疑問

股関節外転・内旋するTFLにタイトネスがあると股関節外転・外旋する中臀筋後部繊維の収縮がはいりづらい印象。これは相反神経支配によるものなのか、わかりませんが。TFLのセルフストレッチは教えてもなかなか的確に行えないため、中殿筋後部繊維に刺激が入るヒップアブダクションを教えておいた方が、管理はしやすい印象。

ヒップアブダクションでもセルフでやってもらうとフォームが崩れる場合もあるがTFLのセルフストレッチよりも覚えてもらいやすい印象。


アスレティックトレーニング
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント