筋膜についてまとめ。

筋膜の定義

広義としては筋膜はfasciaの中に含まれる。

狭義としては筋膜はmyofasciaとされている。

参考

Fascial Manipulationで有名なSteccoらはfasciaを全身に連なる3次元的に連続した結合組織である。と表現した (1)

(1) Stecco C, Adstrum S, Hedley G, Schleip R, Yucesoy CA. Update on fascial nomenclature. J Bodyw Mov Ther. 2018;22(2):354. doi:10.1016/j.jbmt.2017.12.015

fasciaは結合組織、脂肪、胸膜、心膜など内臓を包む膜や神経繊維、靱帯、腱、筋膜を構成する一部である(2) つまり骨格筋以外の結合組織を含む概念であり、実際にfasciaは迷路のように全身に張り巡らされているということ。

fasciaのつながりを詳細に理解することができればオステオパシーの理解や、アナトミートレイン、経絡の考え方が一気に繋がる気がしてなりません。

経絡はスピリチュアルでもなんでもなくて物理的な膜のつながりである、故に再現性も高い。なんてことを早くいってみたいものです。

その境地にたどり着いている人は必ずいるはず。

(2) Stecco C, Macchi V, Porzionato A, Duparc F, De Caro R. The fascia: the forgotten structure. Ital J Anat Embryol. 2011;116(3):127-138.

筋膜の構造

皮下組織や脂肪層の下に浅筋膜。その下に深筋膜。

そして、筋外膜、筋周膜、筋内膜と続く (3)

(3) Stecco C, Stern R, Porzionato A, et al. Hyaluronan within fascia in the etiology of myofascial pain. Surg Radiol Anat. 2011;33(10):891-896. doi:10.1007/s00276-011-0876-9

Collagen fibers & Elastin fibers

Elastin fibers エラスチン繊維

伸張性が2倍ほどある。繊維は細い。

Collagen fibers コラーゲン繊維

膜に強度と形態を与える。組織の構築を支持する。

伸張性がなく6%伸びると部分断裂。8%伸びると完全断裂。

例)Tendon (腱), Ligament (靱帯)

(4) Stecco C, Porzionato A, Lancerotto L, et al. Histological study of the deep fasciae of the limbs. J Bodyw Mov Ther. 2008;12(3):225-230. doi:10.1016/j.jbmt.2008.04.041

浅筋膜

皮膚にしっかりと付着。皮膚の下で自由に組織が動くことを許容し、筋の収縮のfreeにする。(5)

つまりこの許容度が少なくなると筋収縮が阻害されるということか。それは筋膜由来であれば癒着や引っ張りなど考えられるだろう。

(5) Stecco A, Masiero S, Macchi V, Stecco C, Porzionato A, De Caro R. The pectoral fascia: anatomical and histological study. J Bodyw Mov Ther. 2009;13(3):255-261. doi:10.1016/j.jbmt.2008.04.036

深筋膜

多方向へ繊維が向いている→どの方向にも抵抗できる。

高密度→筋の付着部になれる。

ヒアルロン酸を生成する。

支帯は深筋膜の肥厚部。既往歴や身体の使い方のクセ等により支帯が硬くなり直下の腱、血管、神経を圧迫するだけでなく、周囲の深筋膜にもテンションを与える。

(6) Benetazzo L, Bizzego A, De Caro R, Frigo G, Guidolin D, Stecco C. 3D reconstruction of the crural and thoracolumbar fasciae. Surg Radiol Anat. 2011;33(10):855-862. doi:10.1007/s00276-010-0757-7

ヒアルロン酸

運動によって深筋膜からのヒアルロン酸生成が増加する。硬結はヒアルロン酸の塊ともいえる。

(7) Laurent C, Johnson-Wells G, Hellström S, Engström-Laurent A, Wells AF. Localization of hyaluronan in various muscular tissues. A morphological study in the rat. Cell Tissue Res. 1991 Feb;263(2):201-5.

近いうちに読んでみたい本、再読したい本


アスレティックトレーニング 解剖
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント