Kindle Unlimited で読める栄養学のオススメ本 【山本義徳先生 業績集1~4の紹介】

山本義徳先生の業績集 全13巻がKindle Unlimitedで読めます。(正確には業績集12 ダイエット理論編は購入が必要です。)
1冊1冊の内容がエビデンスに基づいておりとても読み応えがあります。

業績集1〜4の中で読んでて個人的に面白かった部分を書きます!残りの業績集とコメントは後日アップします!

もしKindle Unlimitedの会員でなければ山本先生の業績集を読むついでに会員になることをおすすめします。
初月は無料です!

炭水化物のすべて 業績集1

特に面白かった内容

  • 炭水化物
    • 糖質の種類 
    • 満腹感の化学とレジスタントスターチ
  • インスリンの働き
    • インスリンの働きを語る上でGLUT4、AMPKなどの働きは欠かせません。GLUT4、AMPKって何?という方は読んでみる価値あり
    • 糖尿病とインスリンの関係性はよく語られますが、運動とインスリンの関係性をここまで深く語った記事にはなかなか出会えません。インスリンの重要性・インスリンを働きを高めるために必要な栄養素などを知りたい方は読む価値あり。
  • 糖化は老化
    • 血液検査でよくみるHbA1cを知っている方は多いでしょうが、AGEs (Advanced Glycation Endproduct)を知っている人は少ないのでは? 糖尿病の合併症を考える上でもこの物質を基に状況整理すると理解が深まると思います。
  • カーボアップ
    • グリコーゲーンローディングについて文献を添えて書いてくれた本ってなかなか出会えないんですよね。今までのプロトコルの変遷が簡単に記されてます

タンパク質のすべて 業績集2&3

特に面白かった内容 アミノ酸 前編

  • タンパク質の合成経路 シグナル伝達経路の話はおもしろいです。mTORを知らない人がいたら読むと目から鱗かと思います。
  • 筋トレを始めるとタンパク質の合成ばかりを気にしてられません。分解を必要最小限に抑えるように栄養素の選択、摂取のタイミングを決定しなければいけません。巷でよく聞くロイシンの話も出てきます。
  • プロテインがなぜ必要か?
    • コスパで優れている。←具体的に数字と価格を用いて説明されてます。僕はこの本をアメリカにいる時に読んでそれからプロテイン摂取を本格化しました。
    • ホエイ・大豆プロテインどれが良いの?
  • コラーゲンについて
    • トレーナーとして働くと一度や二度必ず聞かれるのがコラーゲンの話。この本で学べます。

特に面白かった内容 アミノ酸 後編

  • 後編は前編よりもかなりマニアックな内容まで突っ込んでいきます
  • BCAAとEAAの使い分けに関する話もとても面白いです。具体的な摂取方法についても知れます。
  • グルタミンはBCAAやEAAを語る際によく出てきますが、グルタミン酸ナトリウムと間違えて覚えている人はいませんか? ヒヤッとしたら読む価値ありです。
  • タウリンは栄養ドリンクでよく聞きますが、効用は具体的に知ってますか?僕はこの本で詳しく知りました。

脂肪酸のすべて 業績集4

特に面白かった内容

  • トレーナーとして活動すると必ず一度は聞かれるのが、「減量するには脂肪の摂る量を減らしたら良いですか?」という質問。この質問には単純にイエス・ノーでは答えられないのです。必要な脂質摂取を増やして不必要な脂質摂取を減らす。これが大切。具体的にはどんな脂質をどれだけ摂取すれば良いか書かれています。
  • ケトン体の代謝についても書かれています
  • 糖質制限。いろんな場所でいろんな意見が交わされていますが、本書を通して全体像を掴んでおくことは大切かと思います。いきなりエビデンスを読んでいくのは時間と労力がかかるものです。

Kindle Unlimited

月額980円で多くの電子書籍を好きなだけ読めるAmazon kindle unlimitedは本当にオススメです。
最初の30日間は無料なのでまだ会員でない方はこの機会に是非。
kindle unlimitedで読める本は日に日に増えているので、どんな本が増えたのかいつも楽しみにみています。
世界のどこにいても日本語の書籍へアクセスできる電子書籍は持っておくべきツールの1つではないでしょうか?


Kindle Unlimited 栄養 運動生理
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント