加速期(Acceleration) の肩・肘の障害発生の概要 Spin motionとJoint Centration【野球の医学】

投球相と障害発生

野球の医学: 投球動作のメカニクス と投球障害の発症メカニズム 瀬戸口芳正 P10-18で紹介されている投球相と障害発生についてまとめてみます。詳しくは本書をご覧ください。

障害が起こりやすいフェーズとして以下の5つが挙げられます。

  1. コッキング後期〜最大外旋位 (Early cocking)
  2. 最大外旋位〜加速初期 (Late cocking)
  3. 加速期 (Acceleration)
  4. 加速後期〜リリース
  5. リリース〜フォロースルー

それぞれのフェーズで問題となる障害やキーポイントについておさらいしましょう。

3. 加速期(Acceleration)

このフェーズで問題となる障害やキーポイントは

が挙げられる

Spin motion

瀬戸口(1) は加速期における関節唇損傷として上腕骨頭のSpin motionがあげられるとしている。

Spin motionとは投球の際に起こる上腕骨頭の円錐状の運動のことである。加速期においては上腕骨は上腕骨骨幹部の長軸で内旋方向に高速回転する。上腕骨は頸体角をもっているため、上腕骨が上腕骨骨幹部の長軸で回旋した時に上腕骨頭は円錐状の運動をするということである。

ここからは私の推論にすぎませんが、Spin motionはいわゆる正しいフォーム(Single planeでTERも十分、MERのタイミングも適切)であったとしても起こるものであり、この動きそのものはある意味、構造的に投球動作において必ず発生するふるまいであり、直接的に障害発生につながる可能性は低いと考えます。

Arthrokinematics: Roll, Glide, Spin, Traction & Compression
Spin motion of the humerusを解説した動画ではありませんが、Spin, Glide, Roll, Traction, and Compressionの基本的な理解には役立つと思われます。この板書で用いられるSpinは骨幹長軸での回旋であり、頸体角は考慮していません。

では、どのような条件下でSpin motionが起これば関節唇に損傷が加わる可能性が高くなるのでしょうか。

腱板筋群や後下方の関節上腕靱帯の拘縮がSpin motionを上方へ偏位させる

オーバーユース(いわゆる投げすぎ)によって腱板筋群や後下方の関節上腕靱帯の拘縮がよく起こる。
この部分に拘縮が起こると上腕骨頭が上方へ偏位した状態で加速期を迎えることとなり、関節窩に上腕骨頭が中心化(Centration)されない状態での投球となる。

このような状態で投球を繰り返さないようにするためには腱板筋群や後下方の関節上腕靱帯の拘縮を未然に防ぐコンディショニングをルーティンへ導入する必要がある。

例えば選手自身が「このメニューを正しいフォームで行えない時はこの部分硬くなっている(拘縮している)から少し時間を増やして丁寧にやろう」と気付きながらメニュー量を調整できるようになるととても良いと思う。

Joint centration from Dr. Evan Osar's new book
Joint centrationについて参考になる動画

免責事項

当ウェブサイトの情報は、一般知識提供のみを目的としています。
これらの情報はご自身の判断と責任によってご利用下さい。
これらの情報が医療診断または治療の代用として利用されることは意図されておらず、また想定もしておりません。
私が所属する団体・勤務する病院などの見解を代弁するものではありません。
新しい治療を開始する時や既存の治療を中止するには、必ず事前に医師またはその他の資格を持った医療提供者に相談して下さい。

参考文献

  1. 野球の医学: 投球動作のメカニクス と投球障害の発症メカニズム 瀬戸口芳正 P10-18

参考図書

Kindle Unlimited

月額980円で多くの電子書籍を好きなだけ読めるAmazon kindle unlimitedは本当にオススメです。
最初の30日間は無料なのでまだ会員でない方はこの機会に是非。
kindle unlimitedで読める本は日に日に増えているので、どんな本が増えたのかいつも楽しみにみています。
世界のどこにいても日本語の書籍へアクセスできる電子書籍は持っておくべきツールの1つではないでしょうか?


アスレティックトレーニング オススメ図書 スポーツ障害 投球障害 野球
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント