【LDH(Lactate Dehydrogenase. 乳酸脱水素酵素)】とは? 血液検査の概要

病院で働くと診断のための検査として血液検査があります。

しかし、正直なところ僕は今まで血液検査項目について全く勉強してこなかったのでよくわかりません。

僕はアスレティックトレーナーであり医師ではないので血液検査結果から診断することはできませんが、血液検査項目から患者さん・クライアントの体内で何が起こっているのかおおよその検討をつけることは武器になります。

今回はLDH(Lactate Dehydrogenase. 乳酸脱水素酵素)について少しまとめてみようと思います。

LDH(Lactate Dehydrogenase. 乳酸脱水素酵素)

  • 酵素名:Lactate Dehydrogenase. 乳酸脱水素酵素
  • 概要
    • 体内で糖がエネルギーに変わるときに働く酵素
    • 具体的には乳酸をピルビン酸に代謝するためにいつような酵素。
    • これはピルビン酸を乳酸に変える時にも必要。
  • 特徴
    • 逸脱酵素として知られる。赤血球、肝臓、筋肉、悪性腫瘍に多く含まれる。
  • 疑問
    • 上記を踏まえれば乳酸を産生・分解する能力を示す値としても見ることができるが、逸脱酵素ということを踏まえれば赤血球、肝臓、悪性腫瘍の可能性が低い場合にLDHが比較的高値であれば筋肉からLDHが流出したことになるのか?
      • ということは筋損傷のマーカーにもなり得るのか?
      • それともLDHが筋肉内に一定量あれば過剰LDH血中へ流れ出てそれが血液検査で測定されるのか?
      • ↑後日調べてみます

LDH(Lactate Dehydrogenase. 乳酸脱水素酵素)が高値 (>250)

  • 悪性腫瘍
    • 一般的には悪性であれば糖代謝が亢進すると言われています
  • 心筋梗塞
  • 溶血
    • 貧血とは区別すること
    • 溶血が原因でLDHが上昇している場合、MCVも上昇している場合が多い

LDH(Lactate Dehydrogenase. 乳酸脱水素酵素)が低値 (<120)

  • LDHが低値→乳酸をピルビン酸に代謝することがうまくできないことが多い
  • 具体的にはビタミンB3(ナイアシン)不足の可能性が高い
    • サプリメントで不足を補う際はナイアシンフラッシュに注意
    • ビタミンB3の具体的な作用・摂取目安については後日。
    • 疑問:LDH低値に対してビタミンB3サプリメント摂取した場合、どれくらいの期間で正常値へ戻るのだろうか?他に関与する栄養素は何があるだろうか? ←また調べてみます。

免責事項

当ウェブサイトの情報は、一般知識提供のみを目的としています。
これらの情報はご自身の判断と責任によってご利用下さい。
これらの情報が医療診断または治療の代用として利用されることは意図されておらず、また想定もしておりません。
私が所属する団体・勤務する病院などの見解を代弁するものではありません。
新しい治療を開始する時や既存の治療を中止するには、必ず事前に医師またはその他の資格を持った医療提供者に相談して下さい。

参考図書

整形外科系以外で何かわからないことがあれば病気がみえるシリーズは本当にオススメ。血液検査を専門で勉強したことがないけどある程度知識は持っておいたほうが良い環境で働くアスレティックトレーナーにオススメです。

ちなみにこの病気のみえるシリーズは他にも多くシリーズがあるので購入検討しても良いかもしれません。


マイプロテインで安く購入する方法についてまとめた記事はこちら


乳酸 栄養 血液検査
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント