上肢帯の骨・靱帯・関節を簡単に復習シリーズ

上肢帯で詳しく知っていきたい骨・靱帯・関節について書き出しました。
気が向いたら各部名称に加えて知っておくべきワンポイントを添えて適宜アップデートしていこうと思います
(例)橈骨神経溝:上腕骨骨幹を骨折した際に橈骨神経圧迫が起こらないか注意。など。

上腕骨

  • 近位
    • 前面
      • 小結節
      • 大結節
      • 結節間溝:上腕二頭筋長頭腱が通る
      • 解剖頸
      • 外科頸: 骨折しすい部位
      • bare area:
    • 後面
      • 橈骨神経溝:上腕骨骨幹を骨折した際に橈骨神経圧迫が起こらないか注意。
  • 遠位
    • 前面
      • 橈骨窩
      • 鈎突窩
      • 外側上顆
      • 内側上顆
      • 上腕骨小頭:橈骨窩のすぐ遠位で軟骨に覆われており球状
      • 上腕骨滑車
    • 後面
      • 肘頭窩
      • 尺骨神経溝: tinel’s signを確認する場合にも目安となる場所。上腕骨遠位端を骨折した際に尺骨神経麻痺がないか確認する必要あり。
      • 上腕骨滑車

肩甲骨

  • bare spot: 関節窩の中心の薄くなった部分
  • glenoid notch: 関節窩の前縁にあるくぼみ

肩鎖関節

  • 不完全な関節円板が存在する。
  • 靱帯
    • 烏口鎖骨靱帯
      • 円錐靱帯:烏口鎖骨靱帯の後内側
      • 菱形靱帯:烏口鎖骨靱帯の前外側
    • 肩鎖靱帯:関節包の上面が厚くなった部分
    • 烏口肩峰靱帯
    • 上肩甲横靱帯:肩甲切痕の上に張る靱帯

肩甲上腕関節

  • 烏口上腕靱帯
    • 関節包の上部を覆う。関節包に癒着して上腕骨の小結節・大結節に付着する
    • 周囲の組織との連続性からCHL-SGHL complexと呼ばれることもある
  • 関節上腕靱帯
    • 主に関節包の一部である
    • SGHL 上関節上腕靱帯
    • MGHL 中関節上腕靱帯
    • IGHL 下関節上腕靱帯
      • IGHLはさらに前後に2つある
      • SGHLやMGHLに比べて強固な構造である←Throwing plane conceptにおけるClosed packed positionを考える上でキーポイントとなる靱帯。

筋肉

  • 肩甲下筋
    • 舌部:結節間溝と関節軟骨との間の上腕骨頭窩にのびる停止部
  • 棘上筋
    • 大結節に停止
    • 停止部から考えると肩関節外旋位で外転作用が、内旋位では屈曲・内旋位作用が強いと考えられる
  • 棘下筋
    • 横走部(上部繊維)
    • 斜走部(下部繊維)

橈骨・尺骨

  • 橈骨
    • 橈骨頭小窩:上腕骨小頭と関節
    • 関節環状面
    • 橈骨粗面:尺骨粗面と関節
    • 尺骨切痕
  • 尺骨
    • 肘頭
    • 滑車窩
    • 鈎状突起 coronoid process : 橈骨側
    • 尺骨粗面
    • 鈎状結節 sublime tubercle : 尺骨側
      • UCL付着部

肘関節

  • 腕尺関節:上腕骨滑車と尺骨滑車切痕 → OCDではこのあたりに注目してみていく。OCDについての過去記事はこちら
  • 腕橈関節:上腕骨小頭と橈骨頭窩
  • 上橈尺関節:尺骨の橈骨切痕と橈骨の橈骨頭

肘関節の靱帯

  • UCL
    • 尺骨の鈎状突起に付着
  • 方形靱帯
    • 尺骨の橈骨切痕と橈骨頸を結ぶ繊維束

  • 手根骨
    • 遠位
      • 大菱形骨:第一中手骨と関節
      • 小菱形骨:第二中手骨と関節
      • 有頭骨:第三中手骨と関節
      • 有鈎骨:第四・第五中手骨と関節
    • 近位
      • 舟状骨
      • 月状骨
      • 三角骨
      • 豆状骨

関節

  • 手根中手関節 CM関節
  • 中手間関節 
  • 中手指節関節 MCP関節
  • 近位指節間関節 PIP関節
  • 遠位指節間関節 DIP関節

参考図書

免責事項

当ウェブサイトの情報は、一般知識提供のみを目的としています。
これらの情報はご自身の判断と責任によってご利用下さい。
これらの情報が医療診断または治療の代用として利用されることは意図されておらず、また想定もしておりません。
私が所属する団体・勤務する病院などの見解を代弁するものではありません。
新しい治療を開始する時や既存の治療を中止するには、必ず事前に医師またはその他の資格を持った医療提供者に相談して下さい。


オススメ図書 解剖
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント