7つの習慣【読書ノート】

実は僕、結構読書好きです。でも、1回本を読むだけではなかなか内容が入ってこないんですよね。

ということで、7つの習慣について簡単にまとめてみました!

詳しくは本書を読んでみることを強くオススメします!

7つの習慣の読書ノートに入る前にまずはこの記事を序章として書いていきます。

具体的な7つの習慣の読書ノートは後日公開します。

序章

幸せな人生とはどのようにしたら手に入るか? 

世の中には色々なモチベーションアップやコミュニケーションスキルに関する自己啓発本が出版されています

高いモチベーションを維持し優れたコミュニケーションスキルを有していれば幸せな人生は手に入るのでしょうか?

モチベーションアップやコミュニケーションスキルに関して書かれた本は即効性があるが短期でしか成果をもたらさないとコビー氏は述べています

では、幸せを手に入れるには何が必要か?

つまり、それは人格である。根本的な人格形成が必要です。

「人格」を手に入れるには?

依存→私的成功→公的成功 とステップを踏んでいく必要があるとコビー氏は述べています

依存→私的成功→公的成功

依存とは 人のせいにして自分原因論で考えない

この状態から抜け出すためには以下の3つのステップを実行する

  1. 自覚: スタート体制をとる
  2. 想像: ゴール設定をする
  3. 意志:走り方を知る

上記3つを愚直に実行した得られるのが私的成功

私的成功とは あなた自身の目標を達成した状態 

あなた自身の目標を達成したら、もうそれ以上先は必要ないのでは? 

と思うかもしれないが、著者は4、5、6の習慣で公的成功に至れと説いている

公的成功: あなた自身の目標を達成し、ハッピーな状態。加えてあなたの周りもハッピーにできている状態

そして、公的成功を一度収めるだけでなく長期的に何回も成功を繰り返す必要がある と著者は述べています

7つの習慣は

依存を抜け出し、私的成功だけでなく、公的成功も手に入れて、最終的には長期持続成功を呼び込める状態を手に入れるため 

と言えるでしょう

次の読書ノートは具体的な7つの習慣についてまとめていきます!


本書にいきなり飛び付きにくいという方はyoutubeがオススメ

今はとても良い時代になりました。

本書にいきなり飛び付きにくいという方はyoutubeで解説してくれている人がいます

以下の動画である程度内容を把握してから本書を読むと良いかもしれません


【7つの習慣①】
【7つの習慣②】

7つの習慣 リンクはこちら


完訳 7つの習慣 人格主義の回復


まんがでわかる 7つの習慣


オススメ図書 読書
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント