オステオパシー 胃と腹壁 まだまだ勉強中です。

日本オステオパシー協会にオステオパシーの定義についてわかりやすく書かれています→https://japan-osteopathy.com/osteopathy.html

人体は本当に興味深い。やっぱり筋骨格系と内臓のつながりはきっても切り離せない。ということは臨床で感じていますが、具体的にどの臓器がどの筋肉・筋膜とつながりがあるのかまだうまくイメージができません。この辺りの知識をもっと深めていけば1つの症状からも多くの情報を得られるはず。。。。以下勉強ノートです!

オステオパシーとはなんぞや?という方は以下のyoutubeが参考になるかもです。

Osteopathic medicine (DO)

とりあえず今日は胃とその周囲のつながりについて少しだけ。

近いうちに全ての内臓で投稿ページを作って適宜アップデートしようと思います。

胃 周囲の膜

まず組織的なつながりとして抑えておくべき構造は以下の2つ。

  1. 大網: その名の通り大きな網のように内臓を広範囲に覆うように走行。主に胃、横隔膜、脾臓、結腸を繋ぐ。消化器全体を覆っている
  2. 小網:  大網と比べると小さな組織。主に胃と肝臓を繋ぐ。

大網と小網が周囲組織との癒着や腹壁筋の過緊張などの原因によりひっぱりを受けると徒手的に胃を動かした際に動きにくい方向が出てくる。

その動きにくい方向がなくなるようにアプローチしていくことが第一歩。

胃反射点

胃は左側にあるので

左第5肋間隙 左第6肋間隙

介入

腹壁の筋緊張・筋膜緊張を落とした状態で触診しながらアプローチしたいので

仰向けで膝屈曲・股関節屈曲位をとり、骨盤後傾位にもっていく

そうすることで体幹前面の組織の緊張は緩むのでアプローチしやすくなる

オススメ本

大阪駅のジュンク堂の医学書コーナーでいつもチラ見している本たち。

上記内容はチラ見した内容を元に書いてみました。

近いうちに購入して自分の手元においておきたい。。。。


オステオパシーの内臓マニピュレーション


最新 ニューロマスキュラー・テクニック

少々値がはりますが以下の本もオススメです。


人の生きた筋膜の構造(DVD付き) 内視鏡検査を通して示される細胞外マトリックスと細胞


オススメ図書 オステオパシー 解剖
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント