痛みと認知について オススメ図書【カンデル神経科学】

痛みと認知

痛みを認知する経路は 自由神経終末→脊髄→脳 です。 

最終的には脳がその痛みに対する反応を決定する。

つまり、自由神経終末から伝わってきた情報を脳が「危険である」と判断すれば「痛み」として認識される

一方で、その情報を脳が「安全である」「問題ない」と判断すれば「痛み」として認識されない。

慢性痛における損傷レベルと痛みレベルの関係

損傷の程度と痛みの程度は必ずしも一致するとは限りません

つまり、組織損傷レベル≠痛みレベルということです

組織的にはわずかな損傷しか起こっていないにも関わらず大きな痛みを伴う場合もあれば、大きな損傷を伴っているにも関わらず小さな痛みしか伴わない場合もあります

組織の損傷レベルと痛みの程度が一致しない というのは現場でよく経験することですよね

実際、僕は整形外科クリニックで働いていますが、画像所見上組織に大きな損傷はみられないにも関わらず強い痛みを伴う場合があります。(ここでは画像に写らない組織の損傷がない場合の話です。)

繰り返しになりますが、組織損傷レベル≠痛みレベルではありません

では、どのように痛みは決定されるのでしょうか?

脳が痛みの認知を決定する

実は脳には痛みを感じる中枢がありません

多くの脳領域が痛みの生成に関わっています

例えば運動野、感覚野、前帯状皮質、視床、島皮質など。。。

つまり、脊髄から上がってきた情報は脳の各領域へ投射されて、その情報を痛みとして認知するかどうか決定されます

過去の痛みの経験やその人が置かれた状況によって反応が変わります

ここでいう反応は腕を引いたりする行動反応、心拍数・血圧が上がる生理反応などです

このように例え同じ情報が脳に送られたとしても痛みを同じレベルで認識するとは限らないのです

今回は痛みの認知について少しだけ書いてみましたが、痛みの伝導経路についてもいつか書いてみようと思います

オススメ図書

この辺りの話は神経科学になります。

僕もまだまだ知らないことたくさんありますが、以下の本はオススメです。かなり踏み込んだところまで説明してあるので読むのにかなり時間がかかりますが、徹底的に学びたいならカンデルを選んでおけば間違いないでしょう。

あとは学会発表の考察、研究の裏付け、背景を書いたりする時の辞書代わりとしても活躍するでしょう

下のリンクは日本語ですが、英語が得意な方は原著にチャレンジしても良いかもしれません

カンデル神経科学 [ エリック・R.カンデル ]価格:15,400円
(2020/4/1 17:42時点)
感想(2件)


オススメ図書 神経科学
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント