めまい とは? 運動中に気をつけるべきこと。

めまいは前庭システムの機能不全に伴う症状の一つであることが多い。めまいといっても様々な種類があり、原因となる器官により主に3つに分けられる

めまいの種類

1.中枢性めまい

脳の障害等によって発生するめまい。めまい以外の症状も随伴する場合が多い。脳梗塞などの重篤な疾患の可能性を排除してから運動させる必要がある。

2. 頚性めまい

頸部の回旋・伸展などによりめまいが生じる。

3. 末梢性めまい

内耳障害等によって発生する。視覚を用いて身体のバランスは代償可能。

めまいがある場合の運動可否判断

めまいがある場合は運動を無理して行わずに、専門医に運動可否の判断、安全な運動強度の指示を仰ぐべきである。アスレティックトレーナーはめまいの診断はできないため、専門医へ適宜適切にクライアントを受診喚起することが重要である。

めまいの種類(BPPVなど)によっては特定の手技により症状が寛解することがあるため、中途半端な知識で無理な介入を行わない方が良いだろう。

めまいの発生機序を考える上ではバランス制御の戦略について知っておくとよい

めまいについて詳しく知りたい方 おすすめの本

新しいめまいの診断と治療改訂第2版 過性めまいからメニエール病まで [ 伊藤文英 ]価格:3,850円
(2020/3/29 16:20時点)


未分類
シェアする
林俊之介ATC/CSCSをフォローする
林 俊之介 ATC/CSCS/PHI Pilates Japan Instructor

コメント